アンチエイジングワールド アンチエイジングの基礎〜コスメ・化粧品・美容の最新情報

足(脚)のむくみがなかなか解消されない方は心臓病や甲状腺の病気が原因かもしれません

病気が原因で足がむくむ場合

足のむくみの多くの場合は、マッサージをしたり、運動をしたりといったことで改善する事ができます。これは一日立ち仕事をしたり、ずっと同じ姿勢で過ごしたり、水分を取りすぎたりといった事により足に水分が溜まり易くなって起こるからです。普通一晩寝て朝になれば解消されます。

しかし、注意しなければいけないのは、病気が原因の場合です。どのような病気が考えられるかいくつか挙げてみましょう。まず、心臓病や甲状腺の病気があります。心臓は血液や体液を循環させる臓器です。ですからこの機能が低下してむくんでいるという可能性があります。これは要注意です。

また肝臓が悪い時、肝硬変やネフローゼの症状の時もむくみます。この場合は全身にむくみが出ます。静脈瘤の時も足のむくみがひどくなります。この病気は血管の中のタンパク質濃度が低下する病気です。

他には、ビタミンB1欠乏症の可能性もありますし、足に癌(がん)が出来ている時もむくみが出ます。体調が優れない、疲れ易い、朝になってもむくみが引かない、ひどくむくんで押してもなかなか戻らない、等々ちょっとでもいつと違う症状に思えたら病気の可能性もありますから、ひとりで思い悩まず、早めに病院に行くことをお勧めします。

アンチエイジング ワンポイント

Copyright 2008-2013 アンチエイジングワールド アンチエイジングの基礎〜コスメ・化粧品・美容の最新情報 All Rights Reserved.