アンチエイジングワールド アンチエイジングの基礎〜コスメ・化粧品・美容の最新情報

顔のむくみと関係のある病気について説明しています

むくみが出る病気とは

顔がむくんでいると気が付いたら、まずここ最近の生活習慣を見直してみましょう。この時点で、そういえばお酒を飲み過ぎたとか塩分の強いものを摂り過ぎた、または最近無理をしていて疲れているなど思い当たることがあれば、一過性のものだと考えられます。むくみの多くはこの一過性が原因です。

しかし、顔のむくみのなかには急性腎炎や慢性腎炎、ネフローゼ症候群といった病気が隠れていることがあります。腎臓の病気が代表的です。これは顔からむくみ始め、だんだん足や手などに広がっていきます。顔のむくみと共にタンパク尿、高血圧といった症状が現れますので、なるべく早めに病院で検査を受けましょう。

腎臓病以外にも、心臓病や肝臓病でもむくみます。これらの場合は足のむくみが先に出てきますから、顔がむくんできた時では症状が進んでしまっている可能性があります。その上呼吸困難等も現れていたらすぐに病院に行ってください。

他に、甲状腺機能障害や貧血でもむくみます。顔のむくみがずっと引かない(1週間位)、尿の様子がいつもと違う、胸が苦しい、などの症状があれば、検査をしてもらった方が良いでしょう。今出ているむくみが病気が原因のものなのかそうでないのかは自分で判断しないことです。

アンチエイジング ワンポイント

Copyright 2008-2013 アンチエイジングワールド アンチエイジングの基礎〜コスメ・化粧品・美容の最新情報 All Rights Reserved.