アンチエイジングワールド アンチエイジングの基礎〜コスメ・化粧品・美容の最新情報

アンチエイジング・美容に効果のあるヒアルロン酸について説明しています

美容でアンチエイジング。キーワードはヒアルロン酸

30代に突入したら、アンチエイジングが視野に入ってきます。まだまだシワやたるみは大丈夫でも、目元のシミが気になってくる年代。疲れがダイレクトに肌コンディションにも出てきてしまいます。アンチエイジングのための美容。漠然としていて何から始めていいのかわからない人は、ヒアルロン酸に注目してみてください。

化粧品、医療、美容クリニック。これら広い分野においてアンチエイジング対策の有効手段としてヒアルロン酸が使われています。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分。とくに関節液、皮膚、眼の硝子体、へその緒や生殖器などに濃度高く存在しています。例えば関節液のヒアルロン酸は、骨と骨の結合部分の潤滑油となって膝や肘や肩をスムーズに動かし、クッションの役目も担っています。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少するため、関節炎治療でヒアルロン酸が注入されるのは必然といえます。また保水性、弾力性に優れているため、アンチエイジングのための美容分野でも引く手あまた。そして人体への副反応が極めて低いのも歓迎したい特性。

たんぱく質の一種であるコラーゲンは動物由来での抽出となりますが、ヒアルロン酸はバイオ技術で精製することができるので、動物由来にありがちな副反応の心配がほとんどないそうです。ただ、効き目は短命。美容クリニックでヒアルロン酸注入してもそのキープ力は1年。医療用となると安価ゆえさらに短命となるようです。

Copyright 2008-2013 アンチエイジングワールド アンチエイジングの基礎〜コスメ・化粧品・美容の最新情報 All Rights Reserved.